Event is FINISHED

カゾクトーク~「夢をかなえるゾウ」の水野敬也さんと考える「仕事と家族と死」

Description
新型コロナウイルスの感染拡大など、普段は忘れがちな「死」の恐怖を思い起こさせる出来事が相次いだ2020年。
作家・水野敬也氏は、7月に出版した代表作「夢をかなえるゾウ」シリーズの最新刊で、死の直前に必要な「夢の手放し方」という難題に挑みました。作品全体を貫く重要なテーマが「家族との別れ」です。

家族が最期を迎えたとき、悔いを残さないための準備とは?
自分が「見送る」側になったとき、幸せに生きる上で不可欠な働き方や、お金の稼ぎ方って?
そんな疑問について、仕事論や人生論に関する著書がある水野さんに、「公開取材」という形で直撃します。
聞き手は、朝日新聞のウェブメディア「withnews」で宗教や自己啓発関連の取材を続けてきた神戸郁人記者と、葬儀系ITベンチャー「よりそう」の秋山芳生氏。
視聴者からの質問も交えながら、仕事・家族・死について深く考えます。


《こんな方におすすめ》
  • 家族との関係を、新たな視点から見つめなおしたい方
  • 死生観について深く考えたい方
  • 家族を見送る心構えを持ちたい方
  • 「夢をかなえるゾウ4」について考えを深めたい方

《イベント概要》
日時:2020年12月23日(水)19:30~20:45
配信方法:オンライン配信(YouTube Liveを予定)
料金:無料
定員:50名 100名 200名 ※好評につきチケット追加しました! 12/18(金)
申込み締切:2020年12月23日(水)20:30

※オンラインチケットを取得いただきましたら、当日に「イベントに参加」ボタンを押下いただきご参加いただけます
※募集に空きがでましたら、随時Peatixにてお知らせします
※トークイベントの録音・録画はご遠慮願います
※後日、withnewsより採録記事を配信する予定です
※ご取材を希望する報道関係者の方は、事前にwithnews編集部(withnews-support@asahi.com)までお問い合わせください


《登壇者》
(敬称略)


水野 敬也(作家・「夢をかなえるゾウ4」著者)
愛知県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。
著書に『夢をかなえるゾウ』シリーズ、『人生はニャンとかなる!』シリーズほか、『運命の恋をかなえるスタンダール』『顔ニモマケズ』『サラリーマン大喜利』『神様に一番近い動物』『たった一通の手紙が、人生を変える』『雨の日も、晴れ男』『四つ話のクローバー』『ウケる技術』など。
また、鉄拳との共著『それでも僕は夢を見る』『あなたの物語』『もしも悩みがなかったら』、恋愛体育教師・水野愛也として『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、映像作品ではDVD『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手掛けるなど活動は多岐にわたる。

公式ブログ「ウケる日記」http://ameblo.jp/mizunokeiya/
Twitter アカウント @mizunokeiya



秋山 芳生(株式会社よりそう・執行役員CMO/ファイナンシャルプランナー)
1976年生まれ。立教大学経営学部経営学科卒業。
新卒で博報堂に入社後、マネーフォワード事業責任者を経て2020年4月より現職。
ファイナンシャルプランナー(FP)と終活ガイド上級の資格を持つ。
FPとして年間1,000件以上の家計相談にのった経験を活かし、現職とともにFPとしても活動するパラレルワーカー。

よりそう URL https://www.yoriso.com



神戸 郁人(朝日新聞withnews・記者)
2013年に報道機関に入社し、地方を拠点に事件事故・行政などの現場で取材を重ねる。
18年5月に朝日新聞社へと移り、現職。
現代における宗教の位置づけに関心を持ち、その多様なあり方を伝える連載企画「#カミサマに満ちたセカイ(略称・#カミセカ)」をwithnews上で継続中。

連載記事一覧 https://withnews.jp/articles/series/65/1
編集・執筆記事 https://withnews.jp/articles/writer/318/1
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#864637 2020-12-18 06:50:55
More updates
Wed Dec 23, 2020
7:30 PM - 8:45 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンライン参加チケット FULL
Organizer
カゾクトーク
79 Followers

[PR] Recommended information